5大栄養素「ビタミン」について

生命を維持するために必要な3大栄養素であることに対し、5大栄養素に分類わけされる2つの内1つがビタミンです。ビタミンとは体内で生成することはできません。そのため、食物やサプリメントなどによって外部から摂取しないといけません。ビタミンは体内に取り込まれますと様々な化学反応をおこし生理機能を整えてくれ、新陳代謝などを効率よくかつ、スムーズにしてくれる人間には欠かすことができない栄養素となっております。また、現代人の多くが悩まされている生活習慣病の改善にも効果的といわれています。そのため、ビタミンは毎日適量を摂取し続ける必要があります。ビタミンは「水溶性ビタミン」と「脂溶性ビタミン」の大きく分けるとこの2種類に分類わけされます。

「水溶性ビタミン」とはその名の通り水に溶けやすいとされるビタミンの総称です。ビタミンCとビタミンB群が水溶性ビタミンに分類されます。ビタミンCとは「アスコルビン酸」のことであり、体内で不足すると壊血病にかかってしまいます。壊血病とは英語で「scurvy」で形容詞の「壊血病にかかった」は「scorbutic」と言います。これに、否定語の「a-」を付けてアスコルビン酸は「ascorbic acid」と言われます。ビタミンB群は様々な種類に分類されます。ビタミンB1は「チアミン」、 ビタミンBは「リボフラビン」、 ビタミンB3は「ナイアシン」、 ビタミンB5は「パントテン酸」、ビタミンB6は「ピリドキサール・ピリドキサミン・ピリドキシン」、ビタミンB7は「ビオチン」、ビタミンB9は「葉酸」、ビタミンB12は「シアノコバラミン・ヒドロキソコバラミン」です。ビタミンB1が不足するとかかる疾患は脚気があります。ビタミンCは美容のためには非常に重要な栄養素の一つであり抗酸化作用を持っていることと、体内でタンパク質からコラーゲンを生成するときに欠かせない栄養素です。ビタミンB群は補酵素として新陳代謝に必要な酵素を助ける働きをしてくれます。ビタミンを効率的に摂取したい場合は調理法に対して注意しないといけない必要があります。それは、水洗いと加熱調理です。この2つはやりすぎるとビタミンが損失してしまいます。特に、ビタミンCは損失しやすいので調理法は煮たり、茹でたりするのではなく、蒸したり、炒めたりした方がいいとされます。仮に、過剰に摂取したとしても尿と共に体外へと排出されます。

「脂溶性ビタミン」は水には溶けにくいのですが、油や脂に溶けやすいビタミンの総称です。ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKが脂溶性ビタミンに分類されます。 水溶性では加熱調理法に注意点が必要でしたが、脂溶性は加熱調理しても損失を抑えることができます。逆に、油を使った調理方法がより効率的に体内に摂取することができます。しかし、脂溶性ビタミンは過剰摂取すると尿で排出することができないため、量を過剰に摂取してしまうと私たちの体に害を及ぼす危険性があります。