5大栄養素「タンパク質・脂質・炭水化物(糖質)」について

プラセンタサプリメントに含まれる代表的な栄養素に3大栄養素である、タンパク質、脂質、炭水化物(糖質)があります。この3大栄養素は我々の生命を維持する上で欠かすことができない栄養素で摂取しないと直接、死に至ります。この3大栄養素働きを体の中で助けてくれるのが、ビタミンとミネラルの2つの栄養素です。摂取しないと、生命の危機に直結するわけではありませんが、健康的に暮らすためには欠かすことができない栄養素です。このタンパク質、脂質、炭水化物(糖質)、ビタミン、ミネラルの5大栄養素であるすべてが配合されているのがプラセンタサプリメントで、栄養の宝庫とも言えます。

タンパク質は食物としてはお肉が代表的です。我々の体の中で大部分の中で構成されている栄養素が、このタンパク質です。例えば、人間から水分を抜くと約半分がタンパク質で構成されているといわれています。食物やプラセンタサプリメントから外部から摂取されると、まず体内では酵素の働きによって20種類のアミノ酸に分解されます。その分解されたアミノ酸は再結合されタンパク質になり、お肌、臓器、筋肉へと変わり体の必要な構成要素となります。美肌を保つために必要だとよくいわれるコラーゲンですが、このコラーゲンも3種類のアミノ酸の結合体ですので広い意味ではタンパク質の一種になります。しかし、このコラーゲンを直接摂取したからといって、直接体内のコラーゲンになるわけではありません。一度、アミノ酸に分解されるのでタンパク質を摂取していることとかわりません。

脂質は運動したりするときに必要となるエネルギーです。体の中での構成要素としては神経組織、細胞膜などの重要な栄養素をなっております。脂質は脂肪ですので、摂取してしまうと太ると思われがちです。確かに過剰摂取はいけませんが、我々の体を動かす上で大変効率がいいエネルギー源となります。そのほかの役割としては脂に溶ける脂溶性ビタミンの吸収にも役立っています。仮に、脂質が不足してしまうと細胞膜や血管が弱くなってしまい脳出血を引き起こす可能性が高くなってしまいます。その他には、体を動かすエネルギー不足から疲れを感じやすくなり、最終的には体力低下へとつながります。必須脂肪酸が脂質に含まれており、必須脂肪酸は体内で生成することができないのですが、血液、細胞膜、ホルモンの成分となるため欠かすことができません。この必須脂肪酸が不足しますと、皮膚炎だけでなく、発育障害が危惧されますので非常に重要な栄養素であることがわかります。

炭水化物(糖質)は食物としてはご飯、パンや麺類の小麦粉などです。エネルギー源という点では脂質と同じですが、体内における役割が違います。脂質は体を動かすために必要なエネルギーでしたが、炭水化物は脳や神経系のエネルギー源となります。炭水化物が不足することは脳の中でエネルギーが不足したことと同じですので集中力低下を招いてしまいます。炭水化物が体内で不足しますと、肝臓内でタンパク質であるアミノ酸からグルコース(ブドウ糖)へと作り変えます。それは、体のお肌などの構成要素であるアミノ酸を消費することになりますので肌荒れや体調不良を招いてしまいます。