馬由来のプラセンタ

馬の胎盤を使ったプラセンタサプリメントには豚由来のプラセンタサプリメントと比べて、アミノ酸の含有量が多いことや、必須アミノ酸が6種類含まれていること、プラセンタサプリメントを摂取することによって起こるアレルギーの心配が少ないことなど、嬉しいことが多いため人気となっています。原料として使われる馬も多くが北海道の広大な自然の中で自由に育ったサラブレッドから作られるため高品質で希少価値があるため高価なものとなっています。そもそも、サラブレッドとは競争用に品種改良された馬であり血統が登録され厳しく管理されています。飼育法においては特に基準は設けられていませんが、それぞれの牧場で高度な飼育が施されているため品質は安心です。

アミノ酸とは体内において肌、筋肉、内蔵を作る栄養素ですが肌に大切なコラーゲンも原料はアミノ酸です。そのアミノ酸が馬由来のプラセンタサプリメントには豚由来のものと比較するとアミノ酸がなんと数百倍も含まれていることが最大の特徴です。そのため、プラセンタサプリメントの基本的な効果である血行促進、新陳代謝の活性、アンチエイジングなどの肌に与えてくれる効果がより一層期待できます。それだけでなく、豚由来のプラセンタサプリメントには含まれない必須アミノ酸が馬由来には含まれています。それらの必須アミノ酸とは、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、トレオニン、ロイシン、イソロイシン、以上6種類が含まれています。必須アミノ酸は体内では合成されません。そのため、私たちは必須アミノ酸を体内に取り込むために食事かサプリメントのように外部から摂取する必要があります。このように、豚と同じプラセンタサプリメントでも細胞の活性化を促してくれるため、お肌のためだけでなく、あまり寝付けず疲労回復できない現代の社会人にも摂取していただきたいサプリメントです。

他に、プラセンタサプリメントを摂取していく上でアレルギー反応が起こる症例が使用者の中から報告されているため、使用を始める前には自分の体にあうかチェックが必要でした。しかし、豚と違い馬は寄生虫に強く感染症の危険性は少ないため、アレルギー反応が起きにくいため、豚由来のプラセンタサプリメントがアレルギーのため摂取できない方が、新たに試されたりしています。最近では、10億分の1の単位ですナノまで成分を細かくすナノ化されたサプリメントも販売されています。そうすることによって、吸収率を上げ、有効成分を細胞の奥まで届けることができるようになります。

また、摂取してく上で注意することは水と摂取するタイミングです。水はミネラルウォーターと一緒に服用することが好ましいと言われています。馬プラセンタサプリメントに含まれるビタミン類は塩素で壊れやすいため、塩素を含む水道水と一緒に摂取すると効果が半減してしまいます。それから、空腹時の方が有効成分を効率的に吸収することができるため食後は避けたほうがいいでしょう。成長ホルモンが一番活性化し細胞の生成されるのは寝ている間です。そのため、プラセンタサプリメントは就寝前に摂取することが一番オススメです。