豚由来のプラセンタ

現在、日本で一番主流のプラセンタサプリメントの原料は豚由来のものです。通信販売やドラッグストアなどでも販売されていますし、ドリンクタイプや化粧品類としても多く使われています。以前は豚ではなく、牛やヒトが主流でしたが、牛は狂牛病(BSE)問題や、ヒトではエイズの問題で使用の頻度は少なくなりました。ヒト由来のプラセンタは薬事法の改正にともなって、医療用のみと制限されています。そこで、なぜ豚が主流になったかといえば、哺乳類の中でもっとも人間と相性がいいといわれているからです。ヒト由来のプラセンタととても似ているため、健康面や美容面における効果に対する期待できるとわれています。

もっとも、いくら豚の胎盤といってもすべての豚の胎盤が使用されているわけではありません。本来の豚の飼育方法は大勢の豚を一緒に飼育しています。つまり、短期間で急速に成長を促し食肉専用とするブロイラーです。しかし、このブロイラーで飼育する場合は感染症のリスクが非常に高くなってしまう危険性があります。その感染症を予防するためワクチンや抗生物質を大量に使用しなければなりません。そこで、胎盤からプラセンタエキスを抽出するための豚は必ず、SPF豚を使用しています。SPFとは「Specific Pathogen Free」の意味で、指定された2種類の病原体類を持っていないという豚を指します。その2種類の病原体とは「排除対象疾病」「監視対象疾病」です。排除対象疾病」は8つ、「監視対象疾病」は3つあります。詳しくみていくと、「「排除対象疾病」はマイコプラズマ肺炎、サルモネラ・コレラ・スイス感染症、豚赤痢、オーエスキー病、豚流行性下痢症、伝染性下痢症、萎縮性鼻炎、トキソプラズマ病が挙げられます。一方の「監視対象疾病」は内・外部寄生虫、豚繁殖・呼吸障害症候群、豚胸膜肺炎が挙げられます。つまり、これらが感染していない豚なので、徹底した衛生管理の下で管理された清潔で健康な豚だということがわかります。そのような、豚の胎盤から抽出されたプラセンタエキスなので安全性は高いということがわかると思います。また、エキスを抽出する際にも、時間が短くて済みますし、有効成分を壊すことなく抽出できるのも利点の一つです。

もっとも、大事な豚プラセンタの効果ですが、通常の哺乳類から抽出されるのとほぼ変わらないくらいの効果は期待できます。新陳代謝の改善、血行促進、活性酸素の除去などはもちろんです。もともと、美容効果やお肌のシミや肌荒れなどのコンディショ改善を狙ったサプリメントもたくさんありますので、豚由来のものも数多く商品化されています。女性には、他にも嬉しい健康面での作用があり、血流を促進してくれることから冷え症で悩んでいる人にもお勧めです。血行改善は他にも、腰痛、肩こりなどにも効果があります。活性酸素除去してくれることから、アンチエイジング効果も期待できますので女性にはなお嬉しいサプリメントであることは間違いないでしょう。